×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


MSセレクションDX3 百式+メガ・バズーカ・ランチャー 改造

百式








 


Mk-Uをやったので、今度は百式
今回もMk-Uと同じ方向でいきたいと思いませぅ〜


でわでわ〜

































首はいつもと同じく、2重関節化
やり方はMk-Uと同じです〜




あと劇場版でのツインアイを再現するべく、
ガンプラのホイルシールの余白を切って貼っています

ホントは頭を2つ用意して、ノーマルVerとツインアイVerを作りたかったんですが、
1個しか手に入らなかったので、右目のみ入れて
こっちの角度から見たら、カメラが発光してるようにしてみますた




























腕の構造はこんなカンジです

百式の金色は成形色ではなく、塗装なので
できるだけ切り口が見えないように
パーツのラインで切り離すようにしてみました(成形色は白)


ウチは基本てきに可動改造メインで塗装はあんまししないので。
関節とかは白が見えちゃってるけどw











肩の接続はいつもどおりナナメですが、
今回は基部にプラユニットを使って、ボールジョイントにしてあります〜

























腰の接続はいつもとちょっとチガウ











 

前回改造したMSセレクション36のMk-Uは
若干、前屈みで造形されていて、腰の入ったポーズがつけやすい と感じたため
それを参考にしてみました


胴と腰の間のパーツはMSセレクション32の百式の胴パーツを加工
ただし、塗装の色がちょっと違うので注意










2ヶ所で回転させる事で、腰のひねりに幅が出る・・・と思います。 微妙かも・・・?



コレをやるとS字立ちがデフォになるので
設定画のような立ち方はできなくなります

S字立ちをさせるために腰リアアーマーは可動できるようにしてあります
フロントとサイドも可動化










あいだのパーツを前後逆にすれば、背をそらす事も可能


























      



今回もヒザアーマーの独立可動をやってみました
やってから気付いたが、むしろ中が丸出しになった気が・・・











太ももの構造〜






 

足のシリンダーを可動できるようにしてみました
ホームセンターで買った細いクギを使用


ぶっちゃけ、前からだと金の装甲で見えないし、
苦労した割にかなりびみょうな事に・・・orz






すねの構造


足首関節は前後と横に可動できるように。

しかし、足首の装甲にひっかかって、あんまり動かなかったので
足首の位置をかさ上げ。
MSセレクション32の百式のバックパックを加工









ピンボケだけど、バラした写真を撮ってあったので載せときます〜




















立ち膝もいけますにょ〜


































フル装備(?)

いっつも武器は右手のみでしたが、ベテランぽく(?)両手で扱うイメージで
ビームサーベルは左手にしてみました









クレイバズーカはMSセレクション32のもの



持ち手と一体になったものと背面装備用と2つ
持ち手はビームライフルから切り落として接着
MSセレクションDX3のバックパックにはバズーカの取り付けができないので
32のものと交換してます












ビームサーベルの柄はMSセレクション32の腰の後ろについてるのを切り取って
手首に接着してます
MSセレクションDX3とMSセレクション32のは金色が微妙に違うので
色がちょっと違っちゃってますが・・・

ビーム刃はHGUCのキュベレイからもらってきました〜












今回もリアルタッチマーカーでスミ入れ
ブラウンとオレンジと黒を使ってます

あとマークもちょっと貼ったけど、手持ちが少なくなってきて
あんまり貼れてない・・・





















れっつあくしょんん!